「鬼灯の冷徹」第23巻の限定版に特典CDが付属 視聴動画の配信がスタート

「鬼灯の冷徹」第23巻の限定版に特典CDが付属 視聴動画の配信がスタート

「鬼灯の冷徹」第23巻の限定版に特典CDが付属 視聴動画の配信がスタート

11月22日、マンガ『鬼灯の冷徹』第23巻がリリースされる。このたび、限定版に付属するオリジナルCDの試聴動画の配信がスタートした。

オリジナルCDはラジオ番組風コメディとなっており、日本で開催される地獄サミットの生中継を巡る騒動を描いている。鬼灯は行方不明になってしまったサタンを見つけ出し、サミットを開催することができるのだろうか。鬼灯役の安元洋貴をはじめ人気声優陣の熱演に要注目だ。
さらに本編登場するアイドルユニット・まきみきの新曲も楽しめるとのこと。ピーチ・マキ役の上坂すみれと、ミキ役の諏訪彩花の歌声に期待が膨らんでいく。ボーナストラックには「シロの一日特別編 飲み会の巻」が収められ、特典として江口夏実の描き下ろしポストカードが付属する。


マンガ『鬼灯の冷徹』第23巻は11月22日リリース。限定版は1980円(税抜)だ。なお11月23日から12月4日にかけて「鬼灯の冷徹 連載5周年記念原画展 in 渋谷マルイ」も開催される。

『鬼灯の冷徹』第23巻限定版
発売: 11月22日(火)予定
価格: 本体1980円(税抜)
(c)江口夏実・講談社/鬼灯の冷徹 OAD 製作委員会

Source: animeanime.jp

Do you love manga raw? Subscribe us now to get raw manga everyday!

ジャンプ作家の過去作をレンタルできるアプリ、「聖闘士星矢」ら車田正美の8作品配信開始

ジャンプ作家の過去作をレンタルできるアプリ、「聖闘士星矢」ら車田正美の8作品配信開始

スマートフォンおよびタブレット端末用の新しいコミックレンタルアプリ「ジャンプレジェンド」の配信が、本日11月10日よりiOS/Android向けに始まった。
「ジャンプレジェンド」は週刊少年ジャンプで人気を博した作家陣の過去作品を、手頃な価格でレンタルするアプリだ。

価格は1冊2日間レンタルで120円(税込)、同一作品3冊以上のまとめ借りを行うとレンタル期間が3日に伸びる。10冊以上の作品全巻イッキレンタルは、レンタル期間が7日になり、巻数に応じて10-20%割引価格になる。
また毎日付与される無料チケットを利用すると、配信中の対象作品の中から1冊を24時間限定で読める。幅広い楽しみ方が可能になったアプリだ。

初回配信は、車田正美の『聖闘士星矢』『リングにかけろ1』など8作品、合計94巻分が登場。今後も80年代から90年代にかけてジャンプ誌上で活躍した作家のコミックが、順次配信されていく。

 

iOS アプリ
https://itunes.apple.com/us/app/janpurejendo-rejendo-zuo-pingaotokuni/id1145739594?l=ja&ls=1&mt=8

Android アプリ
https://play.google.com/apps/publish/?dev_acc=04916789089085496292#ApkPlace:p=com.jumplegend.app.android

 

実写ドラマ「ラブホの上野さん」主演・本郷奏多のビジュアルが公開

実写ドラマ「ラブホの上野さん」主演・本郷奏多のビジュアルが公開

実写ドラマ「ラブホの上野さん」主演・本郷奏多のビジュアルが公開

『ラブホの上野さん』実写ドラマ化決定が発表されたコミックス4巻の帯で、マンガ版上野さんが「私を演じるのはイケメン俳優に限ります!」と宣言していたのだが、11月5日(土)発売の「月刊コミックフラッパー12月号」で、主演・本郷奏多の上野さん姿がついに公開される。

原作は、五反田のラブホテルで働く“上野さん”を主人公に、悩める男女へ恋のアドバイスをしてラブホテル・五反田キングダムへと導く恋愛指南コメディ・マンガだ。Twitterで人気を博す実在のラブホスタッフ・上野さんが原案を務め、博士さんがマンガ化を担当している。『くまみこ』や『となりの関くん』などを掲載している「月刊コミックフラッパー」に連載されており、論理的でユーモアに満ちた恋愛指南が話題を呼んでいる。2016年12月23日(金)には、最新コミックス第5巻が発売される予定になっている。

“「イケメンに限る」のご指名を受けた主演”に選ばれた本郷奏多だが、今回が上野さん姿のビジュアル初出しとなる。白シャツに黒ベストというストイックなホテルマンの衣装に身を包み、愁いを帯びた流し目をくれている本郷の上野さん姿に、マンガ版上野さんも「私を演じるのにぴったりな超一流イケメン俳優様ですね」とご満悦な様子を見せている。
一条くん、相川さんなど原作でもおなじみのキャラクターのキャスト情報も、今後「コミックフラッパー」誌上にて順次発表されるとのこと。なお、ドラマ版『ラブホの上野さん』は、2016年12月1日(木)からFODにて毎週木曜に最新話の配信、そして2017年1月から毎週水曜日深夜のフジテレビでの放送が予定されている。

紳士的でやさしく、ときにドSな恋愛指南をしてくれるラブホの神“上野さん”が、イケメン本郷奏多の姿を借りて、恋に迷える男女の前に降臨する。

Free mangaraw daily at Raw-ZIP!

Source: animeanime.jp

「ドクター・ストレンジ」全米初登場1位獲得、「週刊少年マガジン」にて前日譚掲載も

「ドクター・ストレンジ」全米初登場1位獲得、「週刊少年マガジン」にて前日譚掲載も

「ドクター・ストレンジ」全米初登場1位獲得、「週刊少年マガジン」にて前日譚掲載も

『アベンジャーズ』や『アイアンマン』などの大ヒットシリーズを生み出してきたマーベル・スタジオの最新作『ドクター・ストレンジ』。日本に先駆けて11月4日に公開された本作だが、全米初登場1位を獲得し、公開3日間で興行収入約8,500万 ドル(約88億4千万円)の大ヒットスタートとなった。
日本での公開は2017年1月27日とやや先になるが、本作の前日譚となるオリジナルストーリー『ドクター・ストレンジ エピソード0』が11月22日に発売される「週刊少年マガジン」に掲載されることが合わせて発表された。

『ドクター・ストレンジ』は不慮の事故で両手の機能を奪われた天才外科医スティーブン・ストレンジが主人公。天才が故の傲慢さゆえにキャリアのすべてを失った彼が最後の望みをかけてたどり着いたのは人智の力を超えた「魔術」の力だった。
敵ですら傷つけられないという苦悩に葛藤するドクター・ストレンジは、新しいパワーを身に着けて外科医に戻るのか、それとも、最強の魔術師として世界を守るのか?究極の選択を迫られた時、彼はどんな判断を下すのかかが大きなテーマとなっている。

本作が全米1位を獲得したことからマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品としては14作連続の第1位を記録したことになる。一部の国と地域では10月26日より公開され、公開2週目で既に世界興収は3億2500万ドル(約338億円)に到達。11月4日から公開された中国では約4,430万ドル(約46億7千万円)という『アベンジャーズ・エイジ・オブ・ウルトロン』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に次ぐ第3位の記録を達成した。本国のレビューサイトRotten Tomatoesでも90%の高評価を得ている。

そしてそんな話題沸騰の本作の前日譚が世界で唯一「週刊少年マガジン」に掲載される。ドクター・ストレンジが魔術を手に入れる少し前、天才外科医の彼が傲慢な態度で同僚たちを困らせながらも、その“神の手”で数々の患者を治療していく姿が描かれる。作者は第70回ちばてつや賞(ヤング部門)にて準優秀新人賞を受賞し、マーベルの大ファンだという春壱ということで期待が高まる。また、人気連載マンガが無料で読めるアプリ「マンガボックス」では、連載『ドクター・ストレンジ』が11月30日から配信決定。本誌と合わせて楽しめる内容ということで、注目を集めている。

(C) 2016MARVEL  Marvel-japan.jp/Dr-strange

Free manga raw daily at Raw-ZIP!

Source: animeanime.jp

ジャンプフェスタ2017「僕のヒーローアカデミア」山下大輝、岡本信彦、原作者・堀越耕平らが登壇

ジャンプフェスタ2017「僕のヒーローアカデミア」山下大輝、岡本信彦、原作者・堀越耕平らが登壇

ジャンプフェスタ2017「僕のヒーローアカデミア」山下大輝、岡本信彦、原作者・堀越耕平らが登壇

「週刊少年ジャンプ」で連載され、コミックスのシリーズ累計発行部数は700万部を突破し、テレビアニメ第2期が放送されることも決定と快進撃を続ける『僕のヒーローアカデミア』。2016年12月16日、17日に開催される「ジャンプフェスタ2017」に緑谷出久役の山下大輝、爆豪勝己役の岡本信彦、そして作者の堀越耕平も登場することが決定した。

『僕のヒーローアカデミア』は主人公・緑谷出久が、社会を守り、個性を悪用する犯罪者“敵(ヴィラン)”に立ち向かう“ヒーロー”になるため、ヒーロー育成の名門・雄英高校で仲間たちと共に成長する物語が展開。熱いストーリーで人気を獲得し、ファン層を拡大中の人気作品だ。またテレビアニメ第1期が2016年4月から6月まで放送され、話題を呼んだ。

今回千葉・幕張メッセで開催されるジャンプの祭典「ジャンプフェスタ2017」に『僕のヒーローアカデミア』に山下、岡本の2名のアニメキャストとともに原作者の堀越耕平も出演する。堀越耕平にとってはこのステージが自身初となるイベント出演だ。以前TV番組にインタビュー出演した際にはガスマスクを被り、顔を明かさない状態での出演だったため、その素顔もこのジャンプスーパーステージで初公開となる。
山下は「アニメ第2期を控えて、ジャンプ本誌でもすごく熱く盛り上がっているヒロアカの世界を沢山の人に知って頂くために全力で叫びます!!プルスウルトラァァァァ!!!皆さんも会場で一緒に叫びましょう!!」と語り、岡本は「毎週続きが楽しみすぎるヒロアカ!みんなも楽しんでください!そして今回もあの言葉を全力で張り上げてほしいと思います!よろしくお願いします!」と両名ともに作品愛に満ちたコメントを寄せている。一方の堀越は「人前に出なくて良い仕事だと思っていたのですが、偉大な方々から出た方が良いとアドバイス頂いたので決心しました。声優さんの邪魔にならないようにします。」と緊張がにじんだコメントを寄せている。

第2期の制作も快調に進み、盛り上がりを見せる本作。ステージに原作者がいよいよ登場するとあって、さらに注目を集めそうだ。

(C)堀越耕平/集英社
(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会・MBS

Free rawmanga daily at Raw-ZIP!

Source: animeanime.jp

「週刊少年ジャンプ」本誌初の重版 「こち亀」最終回掲載号と「こち亀ジャンプ」がセットで発売

「週刊少年ジャンプ」本誌初の重版 「こち亀」最終回掲載号と「こち亀ジャンプ」がセットで発売

「週刊少年ジャンプ」本誌初の重版 「こち亀」最終回掲載号と「こち亀ジャンプ」がセットで発売

40周年の節目を迎えて大団円を迎えた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。本作が完結したジャンプ42号と本作がジャンプを丸々ジャックした週刊少年ジャンプ増刊「こち亀ジャンプ」が2冊セットで「こち亀 爆売れ御礼!! 両さん特別アニバーサリーパック」として12月31日に発売されることが決定した。
あまりの人気で手に入れることが出来なかったファンが多数いた2冊の再販ということで、ファンにとっても待望の情報だ。

『こち亀』は週刊少年ジャンプ1976年42号より連載が開始された漫画だ。一度の休載もなく連載を続け、40周年200巻発売という前人未到の記録を樹立。そのタイミングで連載が終了するということが発表され、多くのファンに衝撃が走った。
主人公の両津勘吉こと両さんのおおよそ警官とは思えないハチャメチャな活躍と
、時にほろりとさせる下町人情話などが掲載され、老若男女多くの世代から支持を集めた。

そんな『こち亀』最終話が掲載された42号はまさに「こち亀づくし」と言って過言でない内容だった。「表紙&中面 全連載作家執筆 両津勘吉19変化!!」をはじめ、記念すべき第1話がオールカラーで復活。そして最終話は巻頭カラーで掲載、秋本治のメッセージも掲載された。他にも「両津勘吉200体集合ポスター&大原部長の大説教ポスター」、「ジャンプに隠された40コの両さんマユゲを探せ」、「こち亀ウェア大プレゼント企画」など特典が盛りだくさんだった。
「こち亀ジャンプ」も負けず劣らずの豪華な内容だ。まず、巻頭にはオリンピックイヤーに登場する名物キャラクター日暮のここでしか読めない最新ストーリーが掲載。『NARUTO-ナルト‐』の岸本斉史、『To LOVE る-とらぶる- ダークネス』の矢吹健太朗描き下ろしの『こち亀』掲載をはじめ、麻生周一、うすた京介、大石浩二、小山ゆうじろう、仲間りょう、沼駿、増田こうすけと、「週刊少年ジャンプ」、「少年ジャンプ+」、「ジャンプスクエア」の各誌から選りすぐりのギャグ作家たちが集い1P『こち亀』を寄稿。ジャンプ作家たちのマイフェイバリット『こち亀』エピソードを、「その話を好きな理由」を添えて全部で20 話掲載。 また、鳥山明、ゆでたまご、矢吹健太朗などが描き、話題を呼んだ特別寄稿イラスト24枚も掲載。さらには秋本治、荒木飛呂彦、森田まさのり、尾田栄一郎、岸本斉史、島袋光年、河下水希、松井優征とジャンプの各時代を築いてきた作家たちが、『こち亀』キャラクターを描く合作ポスターがついてくるという豪華な内容となっている。

ここでしか見ることが出来ないレアな『こち亀』が詰まった2作。すべての漫画ファン垂涎の一品となっている。

(C) 週刊少年ジャンプ/集英社
(C) こち亀ジャンプ2016/集英社

Free raw manga daily at Raw-ZIP !

Source: animeanime.jp

「暗殺教室 365日の時間」7年後の渚と業が語り合う予告映像公開 主題歌も決定

「暗殺教室 365日の時間」7年後の渚と業が語り合う予告映像公開 主題歌も決定

「暗殺教室 365日の時間」7年後の渚と業が語り合う予告映像公開 主題歌も決定

殺せんせーとの固い絆、涙と決意の離別、そして生徒それぞれの旅立ちを描いたクライマックスが大きな反響を呼んだTVアニメ『暗殺教室』の劇場版が2016年11月19日(土)から新宿バルト9ほかにて全国期間限定公開される。その劇場版本予告映像が公開された。また、その中で、主題歌に決定した『始業のベル』の音源も確認できるようになっている。

『暗殺教室』は、「週刊少年ジャンプ」に連載されていた松井優征原作の少年マンガを元に、アニメ化のみならず、実写映画化やゲーム化など様々なクロスメディア展開を見せている。TVアニメシリーズは1・2期、全47話が放送された。
ある日、進学校「椚ヶ丘中学校」の落ちこぼれを集めた3年E組に、謎の生物がやって来る。「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」と宣言したその危険な生物は、何故かクラスの担任になることを希望する、という不可思議なストーリーだ。

『劇場版「暗殺教室」365日の時間』では、TVシリーズの総集編に加え、原作者である松井優征による脚本全面協力のもと完全新作オリジナルエピソードも挿入される。「“暗殺教室”卒業から7年後、翌日にはクラスメイトが賑やかに集うはずの旧校舎に、特別な想いでひとり訪れる渚。しかし、誰もいないはずの教室には、すでに先客がいた。この教室で共に成長した業だ。それぞれの道で始まる新たな挑戦を目前に、ふたりはこの教室で得たものを確かめ合っていく。あの特別な1年に、彼らは何を感じていたのか。そして、今こそ分かる、殺せんせーの想いとは・・・。」
公開された同映像では、旧校舎に訪れた大人になった2人の語り合うシーンも含まれている。また、宮脇詩音が歌う主題歌『始業のベル』では、365日を過ごした暗殺教室の思い出と、その思い出を胸に語られる未来への決意が表現された歌詞にも注目してほしいとのこと。

『劇場版「暗殺教室」365日の時間』の予告映像は公式サイトでも公開されているので、劇場へ足を運ぶ前に是非チェックしておきたい。

■『劇場版「暗殺教室」365日の時間』
新宿バルト9ほかにて全国期間限定公開
公開日:2016年11月19日(土)
同時上映:『殺せんせーQ!』

(C) 松井優征/集英社・アニメ「暗殺教室」製作委員会
(C) 松井優征・渡邉築・青戸成/集英社・アニメ「殺せんせーQ!」製作委員会

A new zone is updated raw manga daily, subscribe us to get manga raw daily.

Source: animeanime.jp

「ポーの一族」月刊flowersで連続掲載へ 新作「春の夢」の続きを描く

「ポーの一族」月刊flowersで連続掲載へ 新作「春の夢」の続きを描く

「ポーの一族」月刊flowersで連続掲載へ 新作「春の夢」の続きを描く

萩尾望都の『ポーの一族』が、2017年1月発売の「月刊flowers」が連続掲載されることが決定した。本誌に載るのは、40年ぶり発表され話題となった新作「春の夢」の続きである。この発表は10月28日発売の「月刊flowers」12月号で明らかになった。

『ポーの一族』は『トーマの心臓』や『11人いる!』を手がけ、2012年には少女漫画化として初の紫綬褒章を受章している萩尾望都の作品だ。「別冊少女コミック」に連載された、1970年代を代表する少女漫画である。見た目は少年でありながら、永遠の時を生きている吸血鬼エドガーを主人公とした物語だ。

2017年5月に発売された「月刊flowers」7月号では、40年ぶりに発表された新作「春の夢」が掲載された。「春の夢」のエピソードは、第二次世界大戦の最中にエドガーとアランが、ウェールズでドイツ人の少女と出会うことから始まる。
掲載した「月刊flowers」7月号は発行部数5万部を突破、雑誌では異例となる1.5万部重版も実施した。さらに急遽配信を行った電子版も1.3万DLを記録し、連載から40年を経ても変わらぬ高い人気を示した。

今回「月刊flowers」12月号で発表された『ポーの一族』の連続掲載は、2017年1月28日に発売される3月号よりスタートする。「春の夢」の続きということだけが明かされている。話題となった新作だけに、連続掲載はファンにとって朗報だ。どのような物語が綴られるのか、引き続き注目したい。

A new zone is updated raw manga daily, subscribe us to get manga raw daily.

Source: animeanime.jp

「キン肉マン」マンガ100話以上が無料公開へ アプリ「Myジャンプ」にて特集企画

「キン肉マン」マンガ100話以上が無料公開へ アプリ「Myジャンプ」にて特集企画

「キン肉マン」マンガ100話以上が無料公開へ アプリ「Myジャンプ」にて特集企画

自分で連載作品を選びオリジナルのジャンプを毎週読めるマンガ誌アプリ「Myジャンプ」内で、ジャンプ・レジェンド作家紹介企画がスタート。
その第1弾として10月31日から20日間、ゆでたまごが生んだ『キン肉マン』の特集が組まれる。

特集では「ゆでたまご先生が語る週刊少年ジャンプ」と題したインタビューが掲載。ゆでたまご本人がジャンプにだからこそ語れる、連載当時の連載秘話や思い出を披露するインタビュー企画だ。Myジャンプ内とMyジャンプ公式サイトにて掲載される。
加えて「今からでも間に合う!はじめてのキン肉マン教室」として、キン肉マン初心者にオススメしたい作品の読みどころ、名エピソードなどを記事にしていく。

さらに『キン肉マン』シリーズのオススメエピソード+毎日4話が20日間に渡り無料配信することも決定。
配信されるのは各キャラ2話、合計16話で、「キン肉マン」「テリーマン」「ロビンマスク」や「ラーメンマン」などメインキャラクターの魅力をすぐに知ることができる企画だ。

原作の公開はこれだけでは終わらず、特に人気の高い「VS 悪魔超人シリーズ」はすべてが公開となる。こちらは31日に冒頭7話が公開され、その後は毎日4話ずつの順次更新を予定している。
『キン肉マン』を知らない世代はもちろん、ファンにとっても作品の魅力にあらためて気付ける企画になるだろう。

そしてジャンプ関連誌で史上初となる「世界で1冊だけのあなただけのジャンプ」を実際に印刷してプレゼントする企画も。アプリには「MyジャンプBEST」という機能があり、あらゆる作品の中からお気に入りのエピソードだけを選んでカスタマイズできる。プレゼント企画は、この機能と連動したものだ。
応募は「MyジャンプBEST」をSNS上でシェアすることで完了となる。5冊のジャンプにはゆでたまごのサインも入るというファン垂涎の企画だ。

(C)ゆでたまご/集英社

A new zone is updated raw manga daily, subscribe us to get manga raw daily.

Source: animeanime.jp

学びにつながるマンガは? 「バクマン。」「バーナード嬢曰く。」ら50作品が選出

学びにつながるマンガは? 「バクマン。」「バーナード嬢曰く。」ら50作品が選出

学びにつながるマンガは? 「バクマン。」「バーナード嬢曰く。」ら50作品が選出

日本のマンガの持つ「楽しさ」や「わかりやすさ」新しい世界との出会いや、学びのきっかけにつながるマンガを選定する「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」を日本財団が実施している。
10月25日には、2015年に選定・発表した100作品に加え、新たに選定された50作品を発表する場が設けられた。

今回発表となった50作品は、マンガ家の里中満智子をはじめ、中村伊知哉(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)、佐渡島庸平(コルク代表取締役)ら、各界の有識者10名で構成する選書委員会が選定した。
その中には文学作品から『黄色い本 ジャック・チボーという名の友人』『バーナード嬢曰く。』が入り、「生命と世界」の部門には『聖☆おにいさん』など4作品が選ばれた。

ほかには芸術部門から7作品、社会部門から4作品、職業部門から7作品が選出。職業部門には週刊少年ジャンプで連載され、アニメから実写映画化も果たした『バクマン。』の名前もある。
これ以外にも生活部門ではあずまきよひこの『よつばと!』、スポーツ部門では『グラゼニ』『GIANT KILLING』など、若い層にも人気のある作品の名前も。
その一方で藤子・F・不二雄が1969年に発表した『モジャ公』が科学・学習部門にラインナップされていたりと、ジャンルだけでなく年代も幅広い作品が集まった。

公式サイトでは「これも学習マンガだ!」と関連したキャンペーン「これが俺の学習マンガだ!」がスタート。
これは自分にとってかけがえのない「学習マンガ」を投稿して個人ランキングを作成。さらにはSNSでシェアもできる企画だ。投稿されたデータは最終的にまとめられ、12月中旬には総合ランキングとして発表を予定している。

今回新たに選出された50作品は、立川まんがぱーくの特集棚に追加されている。昨年度選出100作品と合わせてすべての作品を確認できるので、興味のある人は立ち寄ってみるといいだろう。

Raw-zip likes a bookshelf manga raw. Click on subscribe to get new raw manga.

Source: animeanime.jp