「ONE PIECE」尾田栄一郎が故郷・熊本を全面応援 熊本復興プロジェクト始動

「ONE PIECE」尾田栄一郎が故郷・熊本を全面応援 熊本復興プロジェクト始動

2016年4月の熊本地震により、甚大な被害を受けた熊本を支援するべく、10月24日発売の「週刊少年ジャンプ」47号にて、『ONE PIECE』熊本復興プロジェクトが始動した。
これは『ONE PIECE』の原作者・尾田栄一郎が熊本出身であることから始まったもので、本プロジェクトのための描き下ろしイラストも登場。イラストは限定グッズなどにも使用される。

「ONE PIECE熊本復興プロジェクト」は具体的に、5つの施策で構成される。そのひとつが熊本城の復興を応援する企画で、1万円以上の寄附をすると“復興城主”となり、城主証と城主手形とともにクリアファイル、ポストカード、ステッカーといったオリジナルグッズがセットでもらえる。
また熊本地震でも被害の大きかった益城町に、1万円以上の「ふるさと納税」した人を対象に、熊本復興プロジェクト描き下ろしイラストグッズが返礼品として贈られる。

熊本県阿蘇郡高森町を走る南阿蘇鉄道と、球磨郡湯前町を走るくま川鉄道にはルフィの車内アナウンスが流れる『ONE PIECE』ラッピング列車が登場。さらに列車に乗車すると高森町・湯前町の風景を描いたカードもプレゼント。
これ以外にも高森町・湯前町では独自の企画が用意されており、それぞれに設置されたポイントのうち2カ所を回りスタンプを押すと、もれなくオリジナルステッカーが入手できる。

スタンプラリーは上天草市でも行われ、こちらは天草四郎メモリアルホールを中心に市内6か所の観光ポイントを巡ることになる。スタンプを集めると特産品やTシャツ、ステッカーなどが抽選で当たるのだ。
また高森町・湯前町で同時開催中のスタンプラリーの拠点のスタンプを揃えると3市町オリジナルステッカーのプレゼントもある。

ほかにはショウワノートから、くまモンと“ミニ麦わらの一味”イラストを使用したチャリティグッズが発売。収益の全額が熊本へ寄付される。チャリティグッズは全国で販売されるので、気軽に参加することが可能だ。

Are you ready for subscribing our raw manga ? Quickly, only add your email, you will get notifications for your favorite manga raw list.

Source: animeanime.jp

「よろしくメカドック」復活 HONDAと「STEP WGN Modulo X」発売記念でコラボ

「よろしくメカドック」復活 HONDAと「STEP WGN Modulo X」発売記念でコラボ

「よろしくメカドック」復活 HONDAと「STEP WGN Modulo X」発売記念でコラボ

1982年から「週刊少年ジャンプ」に連載され、日本の国産市販自動車のチューニングをテーマに扱った草分け的な作品『よろしくメカドック』。アニメ化もされ、伝説と謳われた本作が今回約30年ぶりに復活することがわかった。
今回、HONDAとコラボし、「STEP WGN Modulo X」発売に合わせた新作コミックとしてフルカラーで発表されるということで、往年のファンたちへ朗報だ。

『よろしくメカドック』は次原隆二原作により、「週刊少年ジャンプ」に連載され、アニメ化もされた作品。東京にあるチューニングショップ「メカドック」に勤める主人公・風見潤が、当初は店に出入りする常連客の求めに応じ様々なチューニングを行っていた。しかし自分が手がけた車を走らせているうちに他のチューニングショップとの関わりが生まれ、多くのレースに参戦することになるという展開だ。現在、ebookjapan、YAHOO!ブックストアにて電子書籍も発売中だ。

今回の作品は、Honda広報マンが「家族構成の変化により、奥さんからミニバンへの乗り換えを迫られているが、少し人とは違う拘りのあるクルマ選びがしたい・・・」という、自身の家庭境遇をヒントに原案ネームを描いており、実際の登場キャラクターも、この広報マン自身をモデルに描かれている。幼少期より『よろしくメカドック』の愛読者であり、兼ねてより新作の復活を望んでいた広報マンは、自身が担当する新型チューニングミニバンの広報活動を絶好の好機と捉え、自ら原案ネームを描き、次原を説得。次原は快諾し、フルカラーで本作を制作した。
そして次原は「約30年ぶりのメカドック復活!?・・・かはさておき、ボク自身楽しんで描く事が出来ました。今では立派なお父さんお母さんになっている当時の読者の皆さんに喜んでもらえれば嬉しいです。何はともあれ、是非、自分も家族も満足するクルマ選びを!」と驚きを交えたコメントを寄せている。

『よろしくメカドック STEP WGN Modulo Xの巻』は、本日より該当ホームページにて公開。往年の『よろしくメカドック』コミックスに敬意とオマージュを込めたコダワリ仕様のコミック冊子も、全国のホンダカーズ販売店や、Hondaウエルカムプラザ青山にて本日より部数限定で入手が可能。ファン感涙のアイテムとなりそうだ。

(C) 次原隆二/NSP 2016, 版権許諾証 UA-016

Try to read New manga raw by subscribing our raw manga database.

Source: animeanime.jp

「ひみつのアッコちゃんμ(ミュー)」10月21日連載開始 赤塚不二夫の名作が生まれ変わる

「ひみつのアッコちゃんμ(ミュー)」10月21日連載開始 赤塚不二夫の名作が生まれ変わる

「ひみつのアッコちゃんμ(ミュー)」10月21日連載開始 赤塚不二夫の名作が生まれ変わる

赤塚不二夫の少女マンガ『ひみつのアッコちゃん』が現代コメディとして生まれ変わることになった。マンガ最新作『ひみつのアッコちゃんμ(ミュー)』は女性向けマンガWEBサイト「スピネル」にて10月21日に連載がスタートする。

『ひみつのアッコちゃん』は1962年に少女マンガ誌「りぼん」で連載がスタート。魔法のコンパクトをもらった主人公・アッコが何でも好きなものに変身するファンタジーコメディとして人気を博した。
魔法少女モノの金字塔として知られており、1969年、88年、98年と3度にわたってテレビアニメが放送された。2012年には実写映画版も公開され、幅広い世代に親しまれている名作である。

最新作『ひみつのアッコちゃんμ』のシナリオは「週刊少年ジャンプ」の読者コーナー「ハガキ戦士ジャンプ団」の構成を務め、マンガ『デジモンアドベンチャーVテイマー01』などを手がけた井沢ひろしが担当。初めて買ったマンガは『天才バカボン』だという赤塚世代のシナリオライターが作品を手がけることになった。
マンガは上北ふたごが担当。「プリキュア」シリーズのマンガを長年手がけており、アニメ「タイムボカン」シリーズでもキャラクターデザインを務めた人気マンガ家の新連載に要注目だ。第1話は10月21日に配信。以降毎月1回、第3金曜日に無料配信される。

赤塚不二夫作品は近年リメイクが相次いでいる。生誕80周年を迎えた2015年には『おそ松くん』の新作テレビアニメ『おそ松さん』が放送され、従来の赤塚ファン以外も巻き込んで大きな注目を集めた。現代に生まれ変わった『ひみつのアッコちゃん』がどのような展開を見せるのか。ファンの期待も膨らんでいく。

『ひみつのアッコちゃんμ(ミュー)』
2016年10月21日より、ホーム社マンガWEBサイト「スピネル」にて連載開始

Try to read New manga raw by subscribing our raw manga database.

Source: animeanime.jp

東京ワンピースタワーで冬イベント開催 宝探しゲームやスノードームが登場

東京ワンピースタワーで冬イベント開催 宝探しゲームやスノードームが登場

東京ワンピースタワーで冬イベント開催 宝探しゲームやスノードームが登場

ONE PIECE』の常設アトラクションテーマパーク「東京ワンピースタワー」で、シーズンイベント「WINTER ONE PIECE 2016-2017」が開催される。“この冬を、宝物にしよう!”と銘打ち、リアル宝探しや、冬に咲く奇跡の桜をモチーフにした国内最大級のスノードームが登場する。

「東京ワンピースタワー」は、2015年3月、東京タワーのフットタウン内にオープンした。原作が「週刊少年ジャンプ」で連載中のアニメ『ONE PIECE』史上初の大型テーマパークだ。『ONE PIECE』の世界観を体感できるアトラクションやライブショー、レストラン、そしてオリジナルグッズが買えるショップなど、その魅力があますことなく詰め込まれている。

2016~2017年の冬季限定イベントでは、メインイルミネーションに『ONE PIECE』の作品に登場する「冬に咲く奇跡の桜」をモチーフにした直径約6mの国内最大級のスノードームが作られるという。「WINTER ONE PIECE 2016-2017 」のキービジュアルは、このイルミネーションをイメージしたオリジナルビジュアルとなっている。桜色に染まるイルミネーションの煌きと、ドーム内に映し出される名シーンやドーム内で雪が舞う演出を、東京タワーの輝きとともに楽しめる。
また、期間限定の宝探しイベント『TREASURE HUNTING トンガリ島の大冒険』も開催される。東京ワンピースタワーと東京タワーを舞台に繰り広げられるこのイベントは、11月1日(火)から初級コース「トンガリ島の幻の珍獣を探せ!」がスタート。”麦わらの一味”のルフィ、ウソップ、チョッパーの3名が見つけた古文書に書かれた謎を解読し、幻の珍獣”トンガリトン”の巣を見つけ出す体験型の宝探しイベントだ。さらに、謎の解読が難解な上級コースは2017年1月1日(日)より実施される予定で、「リアル宝探し」初心者から常連さんまで幅広く楽しめる内容となっている。
他にも、人気キャラクター”ベポ”がパーク内のトンガリステージに登場したり、コラボプリ機もウィンターver.が設置され、ショップでは冬限定グッズも販売されるとのこと。

寒い冬に、屋内型テーマパーク「東京ワンピースタワー」での熱いイベントが、盛りだくさんとなっている。ぜひとも「宝物」を手に入れてみてほしい。

■「東京ワンピースタワー」概要
【所在地】
東京都港区芝公園4丁目2-8 東京タワーフットタウン内

【営業時間】
10時~22時(最終入園は21時)

【パスポート料金】
◆当日券
大人(19歳以上)3,200円
中人(中学生・高校生)2,700円
小人 (幼児・小学生) 1,600円

◆前売券
大人(19歳以上)3,000円
中人(中学生・高校生)2,600円
小人 (幼児・小学生) 1,500円

※9月17日~10月31日の期間中60歳以上のお客様は無料
※3歳以下入場無料(要保護者同伴)
※価格はすべて税込
※前売券はセブン-イレブンとT-TICKETで販売中
※旅行商品は、エースJTB取扱店で販売中

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)Amusequest Tokyo Tower LLP

Try to read New manga raw by subscribing our raw manga database.

Source: animeanime.jp

「美味しんぼ」Blu-ray&DVD化決定 全3BOXにて発売

「美味しんぼ」Blu-ray&DVD化決定 全3BOXにて発売

「ビッグスピリッツ」で1983年から連載され、食をテーマにした漫画の金字塔『美味しんぼ』。今回1988年から放送されたアニメが待望のBlu-ray&DVD化されることが決定した。初回放送から28年経ち、1980年代の名作アニメがデジタルリマスターされ、いよいよパッケージ化される。

東西新聞文化部の記者である山岡士郎と栗田ゆう子を主人公とし、同社創立100周年記念事業として「究極のメニュー」作りに取り組むことになった。しかし、ライバル紙の帝都新聞が、美食倶楽部を主宰する海原雄山の監修により「至高のメニュー」という企画を立ち上げた。
「究極」対「至高」の、海原雄山と山岡士郎の間で繰り広げられる、料理を通じた親子対決が話題を呼び、現在までにコミック全111巻、累計発行部数は1億3000万部を超え、グルメブームの中心となった作品だ。

1から48話が収録されたBOX1が2016年12月21日に発売。そして、49話から96話まで収録のBOX2が2017年3月22日、97話から136話、そしてスペシャル2話を収録したBOX3が6月21日に随時発売される予定になっている。描き下ろし三方背BOXをはじめ、BOX1にはパイロット版が収録され、オールカラーブックレットもついてくる予定だ。全3BOX購入者にはさらに特典が用意される予定となっている。

人間にとって「食」とは何か。なぜ美食は芸術なのか。安全で健康な、本物の食材とは何か。「食」を通じて生き方の本質にまで迫る傑作アニメの復活。ファン必携のアイテムになりそうだ。

(C) 雁屋哲・花咲アキラ・小学館/シンエイ動画

Subscribe now to get new mang raw list everyday, dont forget liking our raw manga fanpage too ;).

Source: animeanime.jp

講談社が一迅社を完全子会社化 マンガジャンルの強化を図る

講談社が一迅社を完全子会社化 マンガジャンルの強化を図る

10月14日、出版大手の講談社は一迅社の全株式を取得し、完全子会社化することを発表した。マンガ雑誌やライトノベルを多数刊行し、アニメ化作品も多数送り出してきた一迅社を傘下に収めることで、ジャンルをより強化していく方針だ。

一迅社は1992年に設立した出版社である。従業員数は2016年10月1日現在で95名。15年8月から16年7月までの売上高は44億円となっている。主な代表作は210万部を超える大ヒット作『ヲタクに恋は難しい』をはじめ、シリーズ20周年プロジェクトとしてアニメ化企画が進行中の『最遊記RELOAD BLAST』や、3度にわたってテレビアニメ化された『ゆるゆり』などがある。
マンガ誌は「月刊コミックゼロサム」「月刊コミックREX」など月刊誌4誌、「コミック百合姫」など隔月刊誌2誌を刊行中。ライトノベル系のレーベルとして「一迅社文庫」なども持っている。

同社はテレビアニメ化された作品も数多い。2016年秋の新番組だけでも『ろんぐらいだぁす!』、『バーナード嬢曰く。』、『おくさまが生徒会長!』の3作品が放送中だ。番組内のCMではキャラクターが掛け合いを披露したり、ラジオ風のコーナーを展開するなど、ユニークなプロモーションでも話題を集めている。
講談社は一迅社の完全子会社化について「今回の決定により、コミックジャンルにおいて両社の強みを活かし、シナジー効果を発揮して、漫画市場の活性化に大いに寄与していくものと確信しております」と発表した。出版業界内でも独自の地位を築いてきた一迅社が、講談社の傘下に入ることでどう変化していくのだろうか。今後の動向に要注目である。

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]

Free raw manga, subscribe to get new manga raw updated daily.

Source: animeanime.jp

「ひるなかの流星」永野芽郁初主演で実写映画化 三浦翔平、白濱亜嵐と三角関係に

「ひるなかの流星」永野芽郁初主演で実写映画化 三浦翔平、白濱亜嵐と三角関係に

2011年~2014年まで集英社「マーガレット」で連載され、コミックス累計発行部数は200万部を突破した人気作品『ひるなかの流星』。連載中から映像化を待望視されていた本作だが、いよいよ実写映画化されることが発表された。
ヒロインの与謝野すずめは永野芽郁。すずめが恋に落ちる担任教師・獅子尾五月役には三浦翔平、そして徐々に彼女に惹かれていく‘女子が大の苦手’なクラスメイト・馬村大輝役に白 濱亜嵐に決定した。

ひるなかの流星』は田舎でのんびりと暮らす高校1年生の与謝野すずめは、両親の海外転勤を機に、東京に住む叔父に預けられるところから始まる。転校先の高校で担任教師のイケメン・獅子尾と“女子が大の苦手”で一見無 愛想なクラスメイト・馬村と出会う。
困った時にいつも助けてくれるヒーローのような獅子尾に、すずめは生まれて初めて恋をする。獅子尾も、すずめの真っ直ぐで純真な様子に惹かれていくが、「教師」という立場から自分に素直になること ができないでいた。一方馬村も最初は鬱陶しく感じるが、いつも明るく分けへだてなく接してくれるす ずめに、獅子尾のことが好きだと知りつつ惹かれていくことから物語は展開していく。

与謝野すずめ役の永野芽郁は今春より「カルビスウォーター」のCMの新キャラクターに抜擢され、その後も雑誌「Seventeen」専属モデル、NHK大河ドラマ『真田丸』出演ほか、次世代女優の筆頭として現在大ブレイクを果たしている。今回満を持しての映画初出演を飾る。三浦翔平はドラマ『好きな人がいること』や『カノジョは嘘を愛し過ぎている』などの熱演が記憶に新しい。そして馬村大輝役のる白濱亜嵐は「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のリーダーを務め、今回の映画出演に注目が集まる。
監督を務めるのは、『四月は君の嘘』や『僕の初恋 をキミに捧ぐ』など数多くの青春恋愛映画を手掛けてきた新城毅彦。フジテレビ月9ドラマ『リッチマン・プアウーマン』や『失恋ショコラティエ』を手掛けた脚本家・安達奈緒子とスタッフも豪華なメンバーが揃っている。

「共感度200%」の胸キュン三角関係が織りなす、新たなラブストーリーの公開は2017年3月24日からとなっている。

『ひるなかの流星』
2017年 3月24日公開
(C) 2017 映画「ひるなかの流星」製作委員会
(C) やまもり三香/集英社

Get new mangaraw notification immediately by subscribing our raw manga database.

Source: animeanime.jp

2017年新春 「ワンピースおせち」 数量限定で予約受付開始

2017年新春 「ワンピースおせち」 数量限定で予約受付開始国民的な漫画として確固たる地位を確立し、さまざまな展開を見せる『ワンピース』。そんな『ワンピース』が今度はなんとおせち料理になった。冨士ケータリング株式会社より販売され、描き下ろしイラストを使った限定アイテムとここでしか見ることの料理が目白押しだ。

お正月の食卓全てがワンピースで彩られるように、お重からお箸にいたるまで、描き下ろしイラストを使った限定アイテムが満載だ。ワンピースの世界観そのままに「海賊の海鮮重」「ルフィの肉々重」の二段セット。お子様や若い方にもご満足いただけるよう、創業115年の老舗のおせちメーカーが監修・吟味し尽した食材をふんだんに盛り込んだ、中身も特典も充実している。
ワンピースの世界観をそのままに「海賊の海鮮重」「ルフィの肉々重」の二段重。おせちに欠かせない黒豆や数の子、栗きんとんなども盛り込まれている。「海賊の海鮮重」は大海原を舞台に大活躍する麦わらの一味をモチーフに、吟味した海鮮食材を盛り付けた、海の幸がいっぱいのお重となっている。もう一段はルフィの大好物である肉料理に彩られたお重となっている。

麦わらの一味の重箱は一味が集合の宴会シーンだ。和装&おせちのお正月バージョンで、側面にはかわいい干支の着ぐるみを着込んだチョッパーがデザインされている。重箱は樹脂製のため、繰り返し使うことができる。着流し姿のルフィが藍一色で和風にデザインされた取皿、和装ルフィと金色箔押しの寿文字がデザインされたおめでたい紅白の箸袋入り祝い箸など多彩なアイテムが封入されている。2017年の干支、酉(とり)の着ぐるみを着込んだチョッパーがプリントされたかわいい保冷バッグなど、2017年に相応しく、『ワンピース』ファンにとって必携のアイテムが満載となっている。

商品名 ワンピースおせち
発売期間 2016年10月8日(土)~売り切れまで
本体価格 ¥16,000- (送料1,000円込み)
税込価格 ¥17,280- (送料1,080円込み)
製品仕様
段数 二段重(29品目) 目安:2人前
重の種類 ABS樹脂
外寸 縦19.8×横19.8×高さ4.6cm(一段の高さ)
内寸 縦18.5×横18.5×高さ3.5cm
お届け日 2016年12月31日
消費期限 2017年1月1日24時
温度帯 冷蔵

(C) 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

Read new manga raw here, please subscribe to get raw manga daily.

Source: animeanime.jp

誤変換から発案?ほのぼのマンガ「終末」あらため『週末のイゼッタ』が連載開始

誤変換から発案?ほのぼのマンガ「終末」あらため『週末のイゼッタ』が連載開始この10月から放送が始まったオリジナルアニメ『終末のイゼッタ』だが、Twitterなどでタイトルの「終末」を「週末」と誤表記されることがしばしばだという。頭を悩ませた制作陣から、なんとほのぼの1P漫画『“週末”のイゼッタ』の連載が発表された。

『終末のイゼッタ』は、2016年10月から放送が開始された亜細亜堂制作のオリジナルアニメ。舞台は、1940年頃の欧州。1939年、帝国主義国家ゲルマニア帝国の突如とした隣国への侵攻を機に、欧州戦禍へと巻き込まれていく。そして1940年、ゲルマニアは、その矛先を美しい水と緑に恵まれたアルプスの小国、エイルシュタット公国に向ける。
先日放送された第1話では、魔女一族の末裔の謎多き少女イゼッタと、戦禍に巻き込まれていくエイルシュタット王国の王女フィーネの出会いと再会を描いた。イゼッタとは何者なのか、どのように二人は強大な帝国に立ち向かっていくのかなど、多くの謎を今後のいかに展開していくか気になるところだ。

この度発表された『週末のイゼッタ』は、SNSなどで「終末」が誤変換され「週末」と表記されることの多さに頭を抱えたスタッフ陣が、「誤表記でなくなればいいのだ!」と思いつき、連載を開始するにいたったそうだ。そんな番外編(?)である本作は、シリアスな展開のアニメ本編とは打って変わって、ほのぼのとした雰囲気。1コマ目を見ればわかるように、キャラクターはデフォルメ調で描かれており、ゆるめのテイストで展開されるようす。連載は『終末のイゼッタ』公式サイトにて不定期で行われる予定で、1コマ目の続きは公式サイトで見ることができる。

「終末」と「週末」。思いがけず生み出された二つの「しゅうまつ」ワールドを合わせて、この秋は楽しめそうだ。

『終末のイゼッタ』
(C)終末のイゼッタ製作委員会

Read manga raw free at JPMangaraw, you can get free raw manga daily.

Source: animeanime.jp

「マンナビ」本稼働スタート トキワ荘プロジェクトの新人マンガ家向け情報サイト

「マンナビ」本稼働スタート トキワ荘プロジェクトの新人マンガ家向け情報サイト

 

10月1日、トキワ荘プロジェクトの新人マンガ家向け情報サイト「マンナビ」が本稼動した。新人賞、持ち込み、投稿にまつわる情報を発信し、次世代のマンガ家志望者と編集者が出会う機会を創出していく。

「マンナビ」は8月16日に仮スタート。9月18日には「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)」にて「マンガ出張編集部@京まふ2016」を開催。西日本の新人マンガ家に情報を提供するテストを行った。
イベントは過去最高の持ち込み者数 362名(前年比20%増)を記録し、ノウハウの蓄積を得られた。『磯部磯兵衛物語』や『弱虫ペダル』などのヒット作品を送り出した編集者のメッセージを「マンナビ」に掲載したことも、新人たちの意欲を刺激したようだ。
この実績を受けてマンナビの本稼働が決定。今後は多彩な企画でサイトの周知を図る。まずトキワ荘プロジェクト出身のマンガ家・カメントツによる「マンナビ」紹介マンガを掲載。さらに国内で100校を越える専門学校や大学に情報提供し、教育機関への告知を関西から全国に拡大する。「マンナビ」に参加する編集部の数も増やしていく方針である。

「マンナビ」は新人作家の育成を担うマンガ誌や媒体の情報を集めることに特化したサイトだ。マンガ家志望者自身が自分にあった新人賞を選べるだけでなく、個性豊かな編集者たちの情報も掲載される。各編集部が自らサイトにログインして情報を更新するため、多彩な情報を一望できることが特徴となっている。
今後は新人マンガ家に必要な情報がすべて揃ったポータルサイトに成長させるという目標を掲げている。「マンナビ」からどんなマンガ家が巣立つのか。今後の展開に期待が膨らんでいく。

Manga raw online for free at jpmangaraw. Subscribe us to get new !

Source: animeanime.jp