映画「3月のライオン」神木隆之介演じる桐山零のキャラクター写真がお披露目

映画「3月のライオン」神木隆之介演じる桐山零のキャラクター写真がお披露目

るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督の手により2部作での実写映画化が決定している、羽海野チカ原作の『3月のライオン』。『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』『君の名は。』と実写・アニメ問わず出演作が大ヒットを記録している神木隆之介の、主人公・桐山零のキャラクター写真がついにお披露目された。

白泉社「ヤングアニマル」で連載されている将棋を題材としたマンガ『3月のライオン』は、2015年9月に、TVアニメ化と実写映画化が同時に発表され話題を呼んだ。
主人公は、史上5人目の中学生でプロ棋士となった将棋の天才・桐山零。幼い頃に交通事故で家族を亡くし、父の友人の棋士の家に引き取られるが、そこでも居場所を見つける事ができずにいた。17歳となった今は、東京の下町で一人暮らしをしながら、すがりつくように将棋を指し続けている。孤独に生きてきた零が、同じ下町に住む川本三姉妹との出会いや、ライバル棋士たちとの闘いによって、本物の愛を見つけていくというストーリー。

実写映画化が発表された際、原作ファンの多くがネット上でキャスティング予想を繰り広げたが、そんな中、主人公・桐山零役を最も熱望されていたのが、主演を務める神木隆之介その人。大友監督が、「子どもの頃からプロの俳優として活躍してきた神木は、零のキャラクターと重なる部分が多い」と語るように、本作での神木には、今までに見たことがない“顔”を見せてくれることを期待せずにはいられない。今回のキャラクター写真では、優しさ・強さ・不安・孤独・希望などの様々な感情を合わせ持つ零の表情が切り取られている。満開の桜を背景に、どこか物憂げな様子で前を見ている零。原作タイトルの由来となるイギリスのことわざ「March comes in like a lion, and goes out like a lamb.(3月は、ライオンのように荒々しい気候で始まり、子羊のように穏やかな気候で終わる)」のように、これからの零の闘いと愛の物語の始まりを予感させるカットとなっている。

静かにたたずむ零の、瞳の先にあるものは……と、2017年3月・4月に予定されている公開が実に待ち遠しくなる一枚だ。

3月のライオン
2017年 2部作・全国ロードショー
【前編】 3月18日(土)
【後編】 4月22日(土)

監督:大友啓史
原作:羽海野チカ『3月のライオン』(白泉社刊「ヤングアニマル」連載)
脚本:岩下悠子 渡部亮平 大友啓史

出演:神木隆之介(桐山零役)、
佐々木蔵之介(島田開役)、伊藤英明(後藤正宗役)、加瀬亮(宗谷冬司役)、
倉科カナ(川本あかり役)、清原果耶(川本ひなた役)、新津ちせ(川本モモ役)、
前田吟(川本相米二役)、有村架純(幸田香子役)、豊川悦司(幸田柾近役) ほか

制作プロダクション:アスミック・エース、ロボット
配給:東宝=アスミック・エース

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

Free raw manga at JPMangaraw.

Source: animeanime.jp

「3月のライオン」主題歌はBUMP OF CHICKENの「アンサー」 特番にて最速オンエア

「3月のライオン」主題歌はBUMP OF CHICKENの「アンサー」 特番にて最速オンエア

「3月のライオン」主題歌はBUMP OF CHICKENの「アンサー」 特番にて最速オンエア

ヤングアニマル(白泉社)にて連載中の羽海野チカ原作の人気マンガ『3月のライオン』が、10月8 日(土)23時よりNHK総合テレビにてオンエアされる。このたび、そのオープニング・テーマとしてBUMP OF CHICKEN が書き下ろした新曲のタイトルが「アンサー」に決定した。

3月のライオン』は、アニメ・実写映画・ドラマと展開し人気を博した恋愛マンガ『ハチミツとクローバー』で知られる羽海野チカが原作の、将棋界を舞台にした作品。元アニメーターの西川秀明が作画を担当している。単行本は11 巻までが発売中で、2011 年に第4 回マンガ大賞および第35 回講談社漫画賞一般部門を受賞、2014年には第18 回手塚治虫文化賞マンガ大賞を勝ち取った。2015 年には「ダ・ヴィンチ」の「BOOK OF THE YEAR2015」コミック部門第1 位を獲得している。今回のアニメ化のほか、2017年春には2 部作での実写映画化も決定している話題の作品だ。

BUMP OF CHICKENといえば、『ONE PIECE THE MOVIEデッドエンドの冒険』の「sailing day」や『テイルズ オブ ジ アビス』の「カルマ」ほか、『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ天使たち~』の「友達の唄」や『血界戦線』の「Hello,world!」など、数々の著名な人気アニメに楽曲を提供してきた人気ロックバンド。今回の新曲「アンサー」は透き通るような音色のギターリフが印象的なミディアムナンバーとなっており、エンディング・テーマとしてオンエアされる「ファイター」とともに、『3月のライオン』に描かれる凛とした強さと人間味あふれるストーリーを音楽面でバックアップするような楽曲に仕上がっている。
また、9月18日(日)の23時30分から本放送に先駆けてオンエアされる特番「アニメのとびら『3月のライオン』『クラシカロイド』」内で、アニメの映像に併せた「アンサー」の最速披露が行われることも明らかになっている。

数々の漫画賞を総なめにした話題作『3月のライオン』と、近年のアニメを牽引しているBUMP OF CHICKENの強力タッグ。いち早く聴けるチャンスを見逃さないようにしたい。

3月のライオン
10月8 日(土)23時よりNHK総合テレビにて放送開始

(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

Are you ready to read my manga raw list ? Try now!

Source: animeanime.jp

実写版「3月のライオン」個性派・演技派そろい踏みの第3弾キャスト発表

羽海野チカ原作の人気コミック『3月のライオン』。

アニメも10月より放送予定となっている本作の実写版キャストの第3弾が発表された。高橋一生、岩松 了、斉木しげる、中村倫也、尾上寛之、奥野瑛太、甲本雅裕、板谷由夏という個性派・演技派が顔を揃えた。実写版「3月のライオン」個性派・演技派そろい踏みの第3弾キャスト発表
先日の第2弾キャストの発表の際には佐々木蔵之介、伊藤英明、加瀬亮、倉科カナ、清原果耶、前田吟、有村架純、豊川悦司など豪華キャストが話題を呼んだだけに今回も大きな反響を呼びそうだ。

3月のライオン』は『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が、『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』『君の名は。』と実写・アニメ問わず出演作が大ヒットを記録している神木隆之介を主演に迎え、2部作で実写化される。
中学生という異例の若さで将棋のプロとしてデビューした桐山零がじ下町に住む三姉妹・川本あかり、ひなた、モモと出会い、将棋盤以外の“自分の居場所”を見つけ、棋士としても人としても成長していくという物語だ。

高橋一生が演じるのは主人公・零が通う高校の教師・林田高志。岩松了と斉木しげるはそれぞれ日本将棋連盟の会長・神宮寺崇徳と、60歳を越えてもA級で活躍する現役最年長の棋匠・柳原朔太郎を演じる。若手屈指の実力派である中村倫也と尾上寛之は零を棋士として一目置いている先輩プロ棋士コンビ・三角龍雪(愛称スミス)と松本一砂。奥野瑛大は零に立ちはだかる新人戦決勝の相手・山崎順慶。名バイプレイヤー甲本雅裕は零の心をかき乱す棋士・安井学を演じる。板谷由夏は川本家を見守る三姉妹の叔母で、プロ棋士たちが集うクラブのママでもある美咲を演じる。
監督の大友は「一見平凡に見えるようなどんな人にも、必ず人生のドラマがある。原作の『3月のライオン』は、そんな真実をさらりと感じさせてくれる稀有な作品です。主人公である桐山零君を取り囲むすべての人物たちが、まるでその人が実在するかのような唯一無二の個性と、頬ずりしたくなるような愛しさを持ったキャラクターばかり。そんなキャラクターたちを、今回発表されたキャストの皆さんが、映画という限られた時間の中で見事に体現し、零君を巡る物語をより豊かに彩ってくれました。それぞれを主役にしてスピンオフを創りたい、そんな衝動すら覚えます。唯一無二の魅力的な俳優たちが奏でる人生のアンサンブル。映画『3月のライオン』、どうぞご期待ください」と今回のキャスティングに自信をのぞかせるコメントを寄せている。

現在の日本映画界を代表するキャストたちが顔を揃える本作。3月18日の前編公開が待たれるところだ。

3月のライオン
【前編】 2017年3月18日(土)
【後編】2017年 4月22日(土)
2部作・全国ロードショー
(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

Source: animeanime.jp